スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平群(長屋王墓~吉備内親王墓)

平成十八年七月十三日

9:39 近鉄奈良線日本橋駅から、奈良行き快速急行で出発。

9:53 生駒で生駒線王寺行き普通電車に乗り換え。間一髪のところで駆け込む。

10:13 平群で下車。駅北側の住宅地の中に長屋王御墓がある。

10:21 長屋王墓前着。御墓の隣には「長屋王御陵公園」という小さな公園が設けられており、長屋王の御事績や周辺の遺跡についての説明板などがある。御墓敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進。
049-13.jpg

10:30 天武天皇皇孫長屋王墓参拝。一礼して退下。

長屋王墓前の道を北へ歩けば、すぐに吉備内親王墓が見えてくる。

10:35 吉備内親王墓参道下着。所狭しと一般住宅が建っていて、参道下からは御墓の様子はよく見えない。参道下から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道を上がる。
049-14.jpg

10:40 天武天皇皇孫長屋王妃吉備内親王墓参拝。一礼して退下。

さっき降りた平群駅には戻らず、ひとつ生駒寄りの駅である元山上口駅まで、平郡の里をそぞろ歩く。

11:47 近鉄生駒線元山上口駅から、生駒行き普通電車に乗車。

12:01 生駒着。12:06、奈良行き快速急行に乗り換え。

12:15 大和西大寺着。12:25、橿原神宮前行き急行に乗り換え。

12:55 畝傍御陵前で下車。

神武天皇陵参拝後、13:12、畝傍陵墓監区事務所にて光仁天皇陵の御陵印を拝受。少し早いので、久しぶりに橿原神宮にも参拝していこう。

13:30 橿原神宮参拝。

13:55 橿原神宮前駅構内でうな丼の昼食。

14:31 近鉄南大阪線橿原神宮前駅から、あべの橋行き急行に乗車。

15:12 あべの橋着。

長屋王
彷徨の王権聖武天皇
怨霊になった天皇
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

斑鳩(法隆寺~斑鳩神社~中宮寺宮墓地~法輪寺~富郷陵墓参考地~法起寺)

平成十八年六月二十九日

10:06 JR大和路線(関西本線)天王寺駅から、高田行き区間快速で出発。

10:29 王寺駅で奈良行き普通電車に乗り換え。

10:32 法隆寺駅着。北口から出て法隆寺に向かう。

11:05 法隆寺南大門前着。聖徳宗総本山法隆寺は、推古天皇と聖徳太子が用明天皇の御遺願により建立した寺で、現存では世界最古の木造建築物としてあまりにも有名である。法隆寺には何度も参拝しているので、今日は中門前までにしておこう。
049-07.jpg

11:15 法隆寺東院伽藍前着。夢殿のあるところだが、大和三門跡のひとつ中宮寺が隣接している。中宮寺の本尊弥勒菩薩半跏像(昔は如意輪観音半跏像と呼ばれていた)は有名ですね。

北に向かい斑鳩神社を目指す。

11:32 斑鳩神社参拝。御祭神は菅原道真公で、菅原氏出身の法隆寺九世管主湛照僧都により造営された。「斑鳩神社」は外来者向けの名乗りのようで、地元では「天満宮」なのだろう。
049-08.jpg

さらに北、人里を抜けて田園風景の先に見える低い丘を目指して歩く。水田の傍らに、半ば草に埋もれて中宮寺宮墓地を示す石標がある。大阪皇陵巡拜會が建てたものと思われる。戦前の皇陵巡拝華やかなりし頃には、中宮寺宮墓地にも多くの巡拝者が訪れたのだろう。
049-09.jpg

11:48 中宮寺宮墓地下着。同じような石貼りの参道が二本並行しているのは、一方が中宮寺管理の一般墓地の参道で、もう一方が宮内庁管理の皇族墓地の参道なのだろう。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道を上がる。
049-10.jpg

中宮寺宮墓地は、同兆域内に六墓一塔が治定されている。伏見宮貞敦親王王女尊智女王墓は五輪塔板碑、後西天皇塔と伏見宮邦房親王王女尊覺女王墓は五輪塔、慈雲院(後西天皇皇女高榮女王)墓・有栖川宮職仁親王王女榮恕女王墓・有栖川宮織仁親王王女榮暉女王墓・伏見宮貞敬親王王女(墓前の石標には有栖川宮韶仁親王王女)成淳女王墓は無縫塔である。

11:55 後伏見天皇八世皇孫女尊智女王墓竝後西天皇塔竝後伏見天皇十一世皇孫女尊覺女王墓竝後西天皇皇女高榮女王墓竝靈元天皇皇孫女榮恕女王墓竝靈元天皇皇曾孫女榮暉女王墓竝後伏見天皇十八世皇孫女成淳女王墓中宮寺宮墓地参拝。一礼して退下。

富郷陵墓参考地のある丘を右手にみながら北上し、法輪寺を目指す。

12:10 法輪寺着。「ミニ法隆寺」のような小ぢんまりとした寺で、山背大兄王の創建という。三重塔は昭和五十年に再建されたものである。
049-11.jpg

富郷陵墓参考地のある丘のまわりを二周するが、上に登る道がわからない。結局「道」というものは無く、果樹の間を縫って登って行くしかないようだ。蜘蛛の巣まみれになり、薮蚊に襲われながらようやくたどり着く。

12:55 富郷陵墓参考地着。地元では丘陵全体が「岡ノ原」と呼ばれ、山背大兄王墓と伝えられている。
049-12.jpg

13:10 法起寺着。法隆寺や四天王寺などとともに、聖徳太子建立七ヵ寺のひとつとされる。

13:46 「法起寺口」バス停から高畑町行き奈良交通バス乗車。

14:27 「JR奈良駅」バス停で下車。

14:39 JR大和路線(関西本線)奈良駅から、大阪行き大和路快速に乗車。

15:12 天王寺着。

聖徳太子と飛鳥仏教
法隆寺の謎を解く
中宮寺門跡

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。