スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北大路通(後冷泉天皇火葬塚~近衞天皇火葬塚~媞子内親王火葬塚~有栖川宮墓地~今宮神社~大徳寺~曇華院宮墓地)

平成十九年四月十日(つづき)

北大路通を東進して千本北大路の交差点に至ると、その北東角が後冷泉天皇火葬塚である。ここの制札にも落書きを消したらしい小さな痕がある。「千年の都」も退歩したものである。

11:27 後冷泉天皇火葬塚前着。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して石段上に上がる。
067-03.jpg

11:31 後冷泉天皇火葬塚拝礼。一礼して退く。

千本北大路の交差点を南西に渡り、京都ライトハウスの裏手にまわると、近衛天皇火葬塚が静かにお鎮まりである。

11:37 近衞天皇火葬塚前着。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参入する。
067-04.jpg

参道や拝所の何箇所かに、超音波で猫を追い払う機器が設置されている。制札に落書きするような猫以下の犯罪者も撃退する装置はないものか。

11:40 近衞天皇火葬塚拝礼。一礼して退く。

北大路通に戻り、さらに東進する。船岡山の麓を過ぎると、ほどなく媞子内親王火葬塚前に至る。

11:50 媞子内親王火葬塚前着。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して石段を降りて参入する。
067-05.jpg

ここの制札にも落書きを消した痕があるように見える。すべて同一犯人の仕業だろう。

11:52 白河天皇皇女尊称皇后媞子内親王火葬塚拝礼。一礼して退く。

11:55 大徳寺龍光院前着。ここに有栖川宮墓地(好仁親王墓以下廿八墓)がお鎮まりであるが、拝観謝絶である。制札に落書きするような狂人が横行する世情ではやむを得まい。門前から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整える。
067-06.jpg

11:58 大徳寺龍光院前から、後陽成天皇皇子好仁親王墓竝後西天皇女御明子女王墓竝後西天皇皇女誠子内親王墓竝後西天皇皇子幸仁親王墓竝後西天皇皇女瑞光女王墓竝後西天皇皇孫正仁親王墓竝靈元天皇皇孫律宮墓竝靈元天皇皇孫音仁親王墓竝靈元天皇皇子職仁親王墓竝靈元天皇皇子職仁親王妃淳子墓竝靈元天皇皇曾孫高貴宮墓竝靈元天皇皇孫女職子女王墓竝靈元天皇皇曾孫女繁宮墓竝靈元天皇皇曾孫女幾宮墓竝靈元天皇皇曾孫女彌宮墓竝靈元天皇皇曾孫綽宮墓竝靈元天皇皇曾孫萬信宮墓竝靈元天皇皇孫織仁親王妃子墓竝靈元天皇皇曾孫女壽宮墓竝靈元天皇皇玄孫女萬宮墓竝靈元天皇皇曾孫女煕子女王墓竝靈元天皇皇曾孫女苞子女王墓竝靈元天皇皇孫織仁親王墓竝靈元天皇皇玄孫女實種宮墓竝靈元天皇皇玄孫女遊龜宮墓竝靈元天皇五世皇孫女染宮墓竝靈元天皇皇曾孫韶仁親王墓竝靈元天皇皇曾孫韶仁親王妃宣子女王墓有栖川宮墓地遥拝。一礼して退く。

12:10 今宮神社参拝。以前にも参拝したことがあるが、美しい神社である。
067-07.jpg

12:31 龍寶山大禅寺勅使門前着。下の写真は法堂。
067-08.jpg

12:40 大徳寺養徳院前着。ここに曇華院宮墓地(聖秀女王墓以下九墓)がお鎮まりであるが、こちらも拝観謝絶である。門前から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整える。
067-09.jpg

12:42 大徳寺養徳院前から、後陽成天皇皇女聖興女王墓竝後奈良天皇皇女聖秀女王墓竝後伏見天皇十一世皇孫女聖久女王墓竝後伏見天皇十二世皇孫女聖崇女王墓竝後伏見天皇十二世皇孫女聖竺女王墓竝後西天皇皇女聖安女王墓竝東山天皇皇女聖祝女王墓竝中御門天皇皇女聖珊女王墓竝光格天皇皇女聖女王墓曇華院宮墓地遥拝。一礼して退く。

12:59 京都市バス「大徳寺前」バス停から、1系統「出町柳駅前」行きバスに乗車。

13:20 「出町柳駅前」バス停で下車。

13:28 京阪鴨東線出町柳駅から、淀屋橋行き特急に乗車。

14:18 天満橋着。

平安の春
語られなかった皇族たちの真実
古寺巡礼京都 大徳寺
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

三條天皇北山陵

平成十九年四月十日

9:00 京阪本線淀屋橋駅から、出町柳行き特急で出発。

9:51 三条着。

9:59 京都市バス「三条京阪前」バス停から、59系統「金閣寺竜安寺山越」行きバスに乗車。観光シーズン真っ盛りということもあり、車内は満員である。

10:34 「金閣寺道」バス停で下車。教会の脇から北への道を入り、左大文字を背に負う三條天皇陵に向かう。

10:42 三條天皇陵前着。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参入する。
067-01.jpg

制札に落書きか何かを消した痕がある。京都の陵墓で、制札の「一、竹木等を切らぬこと」の行に透明な板を被せてあるのを見かけることが多いのはこのためだろう。忌まわしい犯罪である。

10:50 三條天皇北山陵参拝。一礼して退く。

さらに北に向かい、一條天皇と三條天皇の火葬塚を目指す。

11:00 一條天皇・三條天皇火葬塚前着。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道に入る。
067-02.jpg

ここの制札にも落書きを消した痕あり。古都の人心は荒廃しているようだ。

11:09 一條天皇火葬塚竝三條天皇火葬塚拝礼。一礼して退く。

もと来た道を北大路通まで戻る。

三条天皇―心にもあらでうき世に長らへば
藤原氏千年

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。