スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後三條天皇圓宗寺陵

平成十九年六月十一日(つづき)

10:56 後三條天皇圓宗寺陵参拝。一礼して退き、三天皇陵と参道を挟んだところの後朱雀天皇皇后禎子内親王陵に進む。

11:00 後朱雀天皇皇后禎子内親王圓乘寺東陵参拝。一礼して退き、一条・堀河天皇陵への参道を登る。

一条・堀河天皇陵、圓融天皇火葬塚にも再び参じたのち龍安寺山門に戻り、500円の拝観料(これは「石庭」のある建物内の拝観料であり、境内だけなら無料で入れる)を納め、11:55、修学旅行生の一群とともに大雲山龍安寺に参入する。

下写真は方丈前庭(石庭)。
071-01.jpg

12:31 京都市バス「竜安寺前」バス停から、59系統「四条河原町三条京阪」行きバスに乗車。

12:58 「河原町今出川」バス停で下車。

13:08 京阪鴨東線出町柳駅から、淀屋橋行き特急に乗車。

13:58 天満橋着。

古寺巡礼京都 龍安寺
平安の春
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

後冷泉天皇圓教寺陵

平成十九年六月十一日(つづき)

10:55 後冷泉天皇圓教寺陵参拝。一礼して退き、向かって左隣の後三條天皇陵に進む。

古寺巡礼京都 龍安寺

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

後朱雀天皇圓乘寺陵

平成十九年六月十一日

9:00 京阪本線淀屋橋駅から、出町柳行き特急で出発。

9:51 三条着。

9:59 京都市バス「三条京阪前」バス停から、59系統「金閣寺竜安寺山越」行きバスに乗車。

10:46 「竜安寺前」バス停で下車。

龍安寺の山門前から、山門へは入らずに駐車場の方につながる右への道に入り、龍安寺背後の山中にある御陵を目指す。

龍安寺七陵(六陵一火葬塚)兆域入口前にて、服装を整え、一礼して参入する(写真は三月の一条・堀河天皇陵参拝時のもの)。
066-01.jpg

10:54 後朱雀天皇圓乘寺陵参拝。一礼して退き、向かって左隣の後冷泉天皇陵に進む。

有職故実
古寺巡礼京都 龍安寺

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

法華寺町(航空自衛隊奈良基地~高覺女王墓~法華寺門跡)

平成十九年六月二日

11:02 近鉄奈良線近鉄難波駅から、奈良行き快速急行で出発。

11:39 新大宮着。

駅から北に歩き、航空自衛隊奈良基地を目指す。奈良基地がある一帯は、往時は法華寺の境内地に含まれており、現在の基地敷地内に法華寺門跡の墓地が残っている。通常は基地内に立ち入ることはできないが、今日は年に一度の「基地祭」であり、基地が公開されている。

基地の近くまで来ると基地祭訪問者の路上駐車が連なっており、交通量の多い細めの道路であるため、かなり歩きにくい。

12:02 航空自衛隊奈良基地着。手荷物検査を受けて入場する。
068-09.jpg

12:10 高覚女王御墓前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道に入る。高覚女王は東山天皇皇孫女であるが、自衛隊側が建てた案内板には、「東山天皇皇女」と誤記されている。
068-10.jpg

12:17 東山天皇皇孫女高覺女王墓参拝。一礼して退く。

12:30 小奈邊陵墓参考地飛地い号(大和二十号)、ろ号(大和十八号)、仁天皇皇后磐之媛命平城坂上陵飛地り号(大和十六号)、ぬ号(大和十七号)前着。
068-11.jpg

自衛隊側が建てた案内板には、四つの塚をまとめて「陪冢い号」と呼んでいるかのように誤記されている。

せっかくなので、基地祭の展示も見学していこう。

下写真:地対空誘導弾ペトリオット。
068-12.jpg

下写真:VADS(対空機関砲)。
068-13.jpg

13:10 基地祭の目玉企画である展示飛行が始まった。

下写真:F-15。
068-14.jpg

下写真:U-125。
068-15.jpg

下写真:UH-60。
068-16.jpg

プログラムには記載されていたF-2戦闘機の飛来が無かったため、周囲の軍オタ諸氏からは「F-2はどうした?!F-2を出せ!」といった声も聞かれる。

下写真:奈良基地から望む宇和奈邊陵墓参考地。
068-17.jpg

13:55 奈良基地をあとにする。

14:09 法華寺門跡着。
068-18.jpg

14:37 近鉄奈良線新大宮駅から、難波行き急行に乗車。

15:17 上本町着。

大和の古寺 秋篠寺・法華寺・海龍王寺・不退寺
航空自衛隊の戦力

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

郡山(郡山陵墓参考地~大納言塚~登彌神社)

平成十九年六月一日

9:43 JR大阪環状線大阪駅から、奈良方面加茂行き大和路快速で出発。環状線内で前の電車が若干つかえていたとのことで、天王寺を出る時点で定刻より七分の遅れがあるとのこと。

10:34 郡山着。駅からほぼ大和路線の線路に沿う格好で南西に歩き、天井町から新木町にかけて金魚の養魚池が並ぶ地域を西へ暫く進み、池の彼方に見える郡山陵墓参考地の木立を目指して北上する。

11:15 郡山陵墓参考地制札前着。
068-06.jpg

県道9号線を北上し、大和大納言豊臣秀長公を祀る大納言塚に向かう。

11:28 大納言塚着。
068-07.jpg

11:38 大納言塚拝礼。門前に「お願いの砂箱」というものがあり、石で出来た箱にたまっている砂を小さな穴から流し通しながら願意を唱えることになっているので、そのようにする。

南郡山町の集落から県道249号線を経て富雄川の東岸に至り、川に沿って北上する。

12:12 登彌神社着。神武天皇の鳥見山聖蹟の候補地のひとつである。
068-08.jpg

12:21 登彌神社参拝。

登彌神社から六条西の住宅地まで北上してから、住宅地をまっすぐ東に歩いて近鉄西ノ京駅を目指す。

13:15 近鉄橿原線西ノ京駅から、西大寺行き普通電車に乗車。

13:20 西大寺着。13:23発の奈良線難波行き急行に乗り換え。

13:53 上本町着。

物語日本史
豊臣秀長―ある補佐役の生涯

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。