スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖東(磐坂市邊押磐皇子墓~日牟禮八幡宮~瑞龍寺門跡)

平成十九年九月二十日

8:49 JR東海道本線大阪駅から、野洲行き快速で出発。

9:05 高槻着。9:09、野洲行き新快速に乗り換え。

9:52 野洲着。9:58、長浜行き新快速に乗り換え。

10:05 近江八幡着。

10:11 近江鉄道八日市線近江八幡駅から、八日市行き普通電車に乗車。ワンマンカーである。

10:22 市辺着。駅前に「万葉の里」という看板が建っていて、その脇に「第十六師團長 松井平三郎書」による「市邊押磐皇子御墓參道」の石碑もある。田園風景のなかを歩き、磐坂市邊押磐皇子御墓を目指す。

10:42 磐坂市邊押磐皇子御墓前着。兆域内には、磐坂市邊押磐皇子御墓と帳内佐伯部賣輪墓の御墳塋が並んでいる。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、汗を拭い、服装を整え、一礼して参入。
073-29.jpg

10:51 履中天皇皇子磐坂市邊押磐皇子墓参拝。一礼して退く。

10:58 近くの若宮神社に参拝。向かいにある薬師堂は「裸踊り」で有名らしい。
073-30.jpg

もと来た道を駅へと戻る。

11:26 近江鉄道八日市線市辺駅から、近江八幡行き普通電車に乗車。

11:37 近江八幡着。駅から近江八幡市の中心街を突き抜けて、八幡山に向けてまっすぐ歩く(下写真は、日牟禮八幡宮近くの旧市街の様子)。
073-31.jpg

12:12 日牟禮八幡宮着。
073-32.jpg

12:25 日牟禮八幡宮参拝。御朱印をいただく。

12:30 八幡宮そばの八幡山ロープウェー乗り場から、ロープウェーで山頂に向かう。料金は往復券で700円。
073-33.jpg

ロープウェーを降りた山頂付近一帯は、関白豊臣秀次卿の八幡城の故地であり、往時を偲ばせる石垣が残っている。
073-34.jpg

12:53 村雲御所瑞龍寺門跡着。豊臣秀次卿の生母瑞龍院日秀により秀次卿の菩提を弔うため京都に創建され、昭和三十六年に京都からここへ移築されたとのこと。日蓮宗唯一の門跡寺院だという。
073-35.jpg

ロープウェーで下山し、また駅へと歩く。

14:00 近江八幡駅前で昼食。

14:43 JR東海道本線近江八幡駅から、姫路行き快速に乗車。

16:07 大阪着。

歴代天皇・年号事典
豊臣家の人々
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。