南山城(山城國分寺阯~恭仁宮大極殿阯~和束墓)

平成十九年十一月十一日

8:43 JR大阪環状線(新今宮以遠は関西本線)大阪駅から、奈良方面加茂行き大和路快速で出発。

9:48 加茂着。和束に向かうバスの時間まで少し余裕があるので、その間に恭仁宮大極殿阯に向かうことにする。木津川に架かる恭仁大橋を渡り、早足で歩いていく。

10:18 山城國分寺塔跡着。隣接地では、地元のご老人たちがゲートボールに興じている。
073-44.jpg

10:22 恭仁宮大極殿阯着。
073-45.jpg

恭仁宮が廃されたあと、大極殿がそのまま山城國分寺金堂に利用されたため、この大極殿阯の土壇中央には、「山城國分寺阯 舊恭仁宮阯」という石碑が建っている。一方、土壇の端の方には「恭仁宮大極殿阯」と刻まれた石碑が横倒しになってうち捨てられている。背面を確認すると、いわゆる三宅安兵衛遺志碑である。
073-46.jpg

バスの時間に間に合うよう、もと来た道を急いで加茂駅方面に戻る。駅まで戻る途中の「岡崎」バス停で待てば、加茂駅を出たバスに乗れる筈である。

10:38 奈良交通「岡崎」バス停から、65系統「和束町小杉」行きバスに乗車。

乗ったところで当然の如く整理券を取ろうとしたのだが、券が出て来ず出鼻を挫かれる。まさか整理券式ではない料金体系なのか?と怪しみ、運転席前の料金表示電光板を見たが、こちらにも何も表示されておらず、さらに面食らう。一体料金はいくらなんだ、と車内に目を凝らしていると、貼り紙の「無料」の文字が目に飛び込んでくる。なんでも、今日11月11日は「グリーンフェスタ in わづか」なるイベントが開催されるとのことで、それに合わせてこの路線は今日一日運賃無料なのだそうだ。そんなこともあるんだな。

バスは山中に入り谷合の道を抜けて、茶畑が広がる和束の里に至る。ほどなく安積親王御墓最寄りの「和束山の家」バス停に着く。「グリーンフェスタ in わづか」の最寄りもこのバス停のようである。

10:52 「和束山の家」バス停で下車。川向こうの丘の上に、茶畑に囲まれた安積親王御墓が見えている。

10:56 安積親王御墓前着。参道前で写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道に入る。
073-47.jpg

どうも参道が途中で途切れているようで、正規の参道入口があったであろう場所の横手から入るようになっている。
073-48.jpg

11:02 聖武天皇皇子安積親王和束墓参拝。一礼して退下。

帰りのバスまでかなり時間があるので、「グリーンフェスタ in わづか」に向かう。地元和束町出身だという歌手、坂井一郎氏のオンステージを観覧して時間を過ごす。
073-49.jpg

12:12 奈良交通「和束山の家」バス停から、65系統「木津駅」行きバスに乗車。帰りのバスももちろん運賃無料である。

12:29 「加茂駅」バス停で下車。

12:35 JR関西本線(天王寺以遠は大阪環状線)加茂駅から、大阪行き大和路快速に乗車。

13:46 大阪着。

彷徨の王権聖武天皇
旧皇族が語る天皇の日本史
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す