スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花園(木嶋座天照御魂神社~禮子内親王墓~後宇多天皇髪塔~花園東陵~妙心寺~花園西陵~仁和寺宮墓地~法金剛院~雙ヶ岡)

平成二十年六月七日

8:29 阪急京都本線梅田駅から、河原町行き特急で出発。

9:06 桂着。9:08、河原町行き準急に乗り換え。

9:12 西院着。地上に出て嵐電の駅に移動。

9:23 京福電鉄嵐山線西院駅から、嵐山行き普通電車に乗車。同じ西院でも、阪急の駅名は「さいいん」と読み、嵐電の駅は「さい」と読む。

9:30 蚕ノ社着。駅から北に向かう。

9:35 木嶋座天照御魂神社参拝。通称を「蚕ノ社」と呼ぶが、本来「蚕ノ社」とは、本殿に隣接する蠶養神社のこと。以前来た時もそうだったが、社務所は無人。
080-12.jpg

木嶋座天照御魂神社前の道を東に向かい、御室川を越えて太秦安井に入る。

9:55 嘉陽門院御墓前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進。
080-13.jpg

10:00 後鳥羽天皇皇女禮子内親王墓参拝。一礼して退下。ここから後宇多天皇髪塔までは程近い。

10:03 後宇多天皇髪塔前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して門前に参進。
080-14.jpg

10:06 後宇多天皇髪塔拝礼。一礼して退下。

太秦安井から北の方花園の地に向かい、JR嵯峨野線花園駅の高架下をくぐってさらに進む。

10:18 上西門院陵前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して石段を上る。
080-15.jpg

10:24 鳥羽天皇皇女尊称皇后統子内親王花園東陵参拝。一礼して退下。

妙心寺にも寄る。
080-16.jpg

妙心寺の南総門や勅使門の前の道を西へ進む。

10:41 待賢門院陵前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進。
080-17.jpg

10:44 鳥羽天皇皇后璋子花園西陵参拝。一礼して退き、横手奥の仁和寺宮墓地を遥かに拝し一礼。

10:46 後陽成天皇皇子覺深親王墓竝後水尾天皇皇子性承親王墓竝靈元天皇皇子寛隆親王墓竝靈元天皇皇孫守恕親王墓竝中御門天皇皇子慈仁親王墓竝中御門天皇皇子遵仁親王墓竝靈元天皇皇孫覺仁親王墓竝東山天皇皇曾孫鏗宮墓竝東山天皇皇玄孫喜久宮墓竝東山天皇皇曾孫深仁親王墓竝靈元天皇皇曾孫濟仁親王墓竝後伏見天皇十九世皇孫彰仁親王髪塔仁和寺宮墓地遥拝。一礼して退下。

景勝を愛でられた仁明天皇より五位に叙されたという五位山の西側を廻って法金剛院に向かう。

11:03 400円の拝観料を納めて法金剛院を拝観する。五位山や待賢門院陵、仁和寺宮墓地から、上西門院陵あたりまでこの寺の旧境内地に含まれていたようである。

NHKの番組が飛ばしている飛行船が見える。
080-18.jpg

11:23 双ヶ丘に登り始める。

11:26 三の丘頂上に着き、11:32、二の丘頂上を経て、11:39、清原夏野公墓前着。一の丘の頂上にあたり、法金剛院の地に山荘を建てた清原夏野公の墓と古くから考えられて来た。最近はそうでもないようであるが。
080-19.jpg

墓前の石標は、碑表に「右大臣贈正二位清原真人夏野公墓」、碑裏は「明治四十五年一月建之 裔孫 従三位勲四等子爵清原真人舟橋遂賢」と読める。

一の丘の頂上からの仁和寺の眺め。
080-20.jpg

一の丘を下り、双ヶ丘東麓の遊歩道を南下して新丸太町通りに出、花園駅に向かう。

12:29 JR山陰本線(嵯峨野線)花園駅から、京都行き普通電車に乗車。

12:41 京都着。東海道本線(京都線)ホームに移動し、12:48、須磨行き普通電車に乗り換え。

13:32 大阪着。

待賢門院璋子の生涯―椒庭秘抄
古寺巡礼京都 妙心寺
歴史で読み解く京都の地理
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。