宇陀(吉隠陵~笠間山陵)

平成二十年七月十二日

8:53 近鉄大阪線上本町駅から、青山町行き急行で出発。

9:53 桜井着。事故の影響があったとのことで、約15分の遅れ。

9:57 駅北口の東駐輪場の「近鉄サンフラワーレンタサイクル」にて自転車を借りる。以前崇峻天皇陵舒明天皇陵に参拝した折には西駐輪場だったが、変更になっているようだ。料金は1000円。

桜井の市街地を抜け、県道200号線を東行する。大和朝倉駅近くから国道165号線に入り、大和川の谷筋を進む。長谷寺駅を過ぎるあたりから道は徐々に上り勾配となっていき、ボロいレンタサイクルではなかなかキツい。吉隠の里に至れば、登坂車線がある登り坂に見舞われる。

11:07 国道から橡姫陵への山道の登り口着。奈良交通「角柄」バス停の少し東、タイヤチェーン装着場の先に小さな看板があるが、登り口附近は完全に笹に覆われており、道の存在を判別するのも困難なほどである。チェーン装着場に自転車をとめて山中に分け入る。途中、笹や雑草によって道が掻き消えているような箇所がいくつもある。足元の草と面前に迫る蜘蛛の巣を掻き分けながら進む。山登り自体はたいしたものではないが、自転車による登坂とのコンボなので足が重い。

11:32 橡姫陵石段下着。石段下から写真撮影後、カメラを片付け、汗を拭い、服装を整え、一礼して石段を上がる。
080-21.jpg

11:51 天智天皇皇子追尊天皇春日宮天皇妃贈皇太后橡姫吉隠陵参拝。一礼して退下。

12:07 自転車を置いた場所に帰着。

さて、ここから新陽明門院陵には、南に一山越えた谷筋に到らねばならない。国道からひとたび柳の集落まで下って谷底の近鉄線の線路をくぐり、反対側の猛烈な上り坂を登って篠楽に至り、西へ向かう。笠間の小さな集落に入ると、北からの尾根筋の突端部に新陽明門院陵と、新陽明門院所縁と伝えられる陽雲寺が見える。

13:00 新陽明門院陵前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、汗を拭い、服装を整え、一礼して石段を上がる。
080-22.jpg

13:13 後村上天皇中宮顯子笠間山陵参拝。一礼して退下。

桜井へ戻るため西へ向かうと、少しく上り勾配が続いたあと、笠間辻を過ぎればその後はひたすら下りである。粟原、忍坂を経て、桜井市街に楽々戻ってくる。

13:53 自転車を返却。

14:09 近鉄大阪線桜井駅から、上本町行き急行に乗車。

14:56 上本町着。

万葉集
南朝全史-大覚寺統から後南朝まで
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す