スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後鳥羽天皇大原陵・順天皇大原陵

平成二十一年三月二十四日

9:06 阪急京都本線梅田駅から、河原町行き快速急行で出発。

9:52 烏丸着。地下鉄四条駅に移動。

9:57 京都市営地下鉄烏丸線四条駅から、国際会館行き電車に乗車。

10:14 国際会館着。

10:40 京都バス「国際会館駅前」バス停から、「大原」行きバスに乗車。

11:01 「野村別れ」バス停で下車。上野町の集落に入り、村はずれの山裾に向かう。

11:16 惟喬親王御墓参道下着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進。

11:22 まず小野御霊神社(下写真右側のお社)に参拝する。惟喬親王御墓の直下にあたり、小野宮とも称された親王をお祀りしている。
082-01.jpg


つづいて小野御霊神社脇の石段を昇り、御墓前に進む。

11:24 文天皇皇子惟喬親王墓参拝。一礼して退下。

上野町、大長瀬町、来迎院町と集落を北上し、三千院門跡を目指す。

11:58 三千院門跡着。700円の拝観料を納めて拝観する。

(下写真)御殿門。
082-02.jpg


(下写真)往生極楽院。
082-03.jpg


三千院御殿門から勝林院への途上に大原陵と法華堂が並んで所在するが、いずれも真ん前で弁当を使っている人がいるため後ほど参拝することとし、先に勝林院へ向かう。

12:35 勝林院着。300円の拝観料を納めて拝観する。
082-04.jpg


本堂の後ろから伸びる径沿いに最胤親王御墓がお鎮まりである。

12:43 最胤親王御墓前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して鉄扉前に進む。
082-05.jpg


12:47 後伏見天皇九世皇孫最胤親王墓参拝。一礼して退く。

一度本堂前の庭園に引き返し、大原陵と法華堂の裏手の山裾、梶井宮墓地の参道に至る。

12:51 梶井宮墓地参道下着。石段下から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
082-06.jpg


12:59 後陽成天皇皇子慈胤親王墓竝後伏見天皇十四世皇孫道仁親王墓竝靈元天皇皇孫叡仁親王墓竝靈元天皇皇孫常仁親王墓梶井宮墓地参拝。一礼して退下。

再び本堂の後ろから伸びる径に戻り林の中を暫く歩くと、もう一箇所の梶井宮墓地に至る。

13:10 梶井宮墓地前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参入する。
082-07.jpg


13:17 後陽成天皇皇子承快親王墓竝後水尾天皇皇子盛胤親王墓竝靈元天皇皇子宮塔竝靈元天皇皇曾孫承眞親王墓梶井宮墓地参拝。一礼して退く。

もと来た道を途中まで戻り、勝林院境内には入らずに法華堂前に進む。
082-08.jpg


13:24 大原法華堂拝礼。明治期に現陵に奉葬されるまでは、後鳥羽・順徳両帝の玉骨が奉安されていたお堂である。

13:30 後鳥羽・順徳天皇陵前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進。
082-09.jpg


13:37 後鳥羽天皇大原陵竝順天皇大原陵参拝。一礼して退く。

三千院前から、大原バス停までの観光メインストリートを辿る。バス乗り場で帰りのバスの時間を確認してから、寂光院へと向かう。

14:05 建礼門院陵前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参入。
082-10.jpg


14:11 高倉天皇皇后子大原西陵参拝。一礼して退下。

寂光院は大原西陵に隣接している。

14:14 寂光院着。600円の拝観料を納めて拝観する。
082-11.jpg


拝観を終え、もと来た道をバス停に戻る。

15:00 京都バス「大原」バス停から、「京都駅」行きバスに乗車。

15:35 「出町柳駅前」バス停で下車。

15:40 京阪鴨東線出町柳駅から、中之島行き快速急行に乗車。

光善寺駅と枚方公園駅の間の踏切で人身事故発生のため約20分の遅れとのことで、16:58、天満橋着。

怨霊になった天皇
古寺巡礼京都 三千院
建礼門院という悲劇
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。