スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録に反対します

仁徳天皇百舌鳥耳原中陵や応神天皇惠我藻伏崗陵などの古代高塚式陵墓を主体とする、いわゆる「百舌鳥・古市古墳群」を、ユネスコの世界文化遺産に登録しようという運動が続いています。
016-01.jpg

今年の7月下旬~8月頃には文化審議会において、今年の日本政府からユネスコへの推薦候補1件が選定される見込みですが、地元自治体・財界らの推進勢力は、政治家の威も借りつつそのひとつのイスを奪おうとロビー活動に全力をあげているようです。

(参考)百舌鳥古墳群を世界遺産に 超党派議員が推薦要請
http://www.sankei.com/west/news/160408/wst1604080057-n1.html

そもそもオリンピックや万博の招致でもあるまいに、地元自治体が自薦かつ猛烈な運動によって取りに行く、など、世界遺産の趣旨・精神に著しく反する恥ずべき姿勢でしょう。

現在推進されている「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産登録計画は、現に皇室の祖先祭祀が行われ、我々国民が崇敬の念をもって参拝している御陵墓を、「○○天皇陵古墳」などと呼びつけ、その歴史的および今日的意味を完全に無視し、単なる「古墳時代の遺跡」としての“価値”のみを強調してその“価値”を固定化するものに他なりません。

御陵を崇敬し参拝する一国民として、いわゆる「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録に断固反対します。
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。