いわゆる“百舌鳥・古市古墳群”の今後

7月31日(月)に開催された文化審議会世界文化遺産部会において、仁徳天皇百舌鳥耳原中陵(大阪府堺市)・応神天皇惠我藻伏崗陵(同羽曳野市)・仲哀天皇惠我長野西陵(同藤井寺市)などの、いわゆる“百舌鳥・古市古墳群”が、ユネスコ世界文化遺産国内候補に決まりました。まことに残念なことです。
017-01.jpg

今後は、「世界遺産登録を順調にすすめるため」との、有無をいわさぬ大義名分のもと、仁徳天皇陵を“大山古墳”などと蔑称する呼称変更の動き、宮内庁から文化庁に管理をうつす史跡(文化財)指定の動き、学術調査や観光客“おもてなし”を名目とした公開拡大の動き等が、ますます顕在化するでしょう。
014-01.jpg

今の宮内庁にその圧力をはね返す気概はあるのか?宮内省諸陵寮以来の、もの言わぬ多くの先輩たちが、じっと見つめていることを忘れないでいただきたい。
019-02.jpg

皇室御陵を崇敬し、巡拝してきた一国民として、いわゆる“百舌鳥・古市古墳群”のユネスコ世界文化遺産登録に断固反対します。
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す