FC2ブログ

村上天皇村上陵

平成十九年一月二十三日

8:40 京阪本線淀屋橋駅から、出町柳行きK特急で出発。

9:28 三条着。

9:44 京都市バス「三条京阪前」バス停から、10系統「北野天満宮御室山越中町」行きバスに乗車。何回か前に降りた「御室仁和寺」バス停の次が、「福王子」である。

10:25 「福王子」バス停で下車。

10:37 福王子交差点の角にある福王子神社に参拝。御祭神は、光孝天皇女御尊称皇太后班子女王(宇多天皇御生母)。仁和寺の鎮守社でもあったらしい。
062-01.jpg

神社と福王子交番との間の道を北上する。途中、圓融天皇後村上陵前に至る。同陵には二回ほどあとに参拝する予定なので、今日のところは一礼して通り過ぎる。宇多野小学校前を過ぎ突き当りまで歩くと、そこが村上天皇陵の参道入口である。参道隣には妙光寺という寺があり、そこの飼い犬にひどく吠えられる。京都市が建てた案内板によると、このお寺は南朝との所縁が深く、三種の神器が奉安されたこともあるとのこと。「なんでも鑑定団」でおなじみの野々村仁清の墓もあるらしい。

10:43 村上天皇陵参道入口前着。「参拝者以外立入禁止」「犬の散歩厳禁」の札が架かっている。糞害には相当迷惑されているようである。敷地外から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道に入る。
062-02.jpg

砂利道の奥から丸石を敷いた階段が続く。地図で見て想像していたよりも楽に拝所まで辿り着ける。

10:54 村上天皇村上陵参拝。一礼して退く。

元来た道を福王子交差点まで戻り、周山街道を北西に向けて歩いていく。途中、ちりめん山椒「笹ちりめん」で有名な「三宝庵」の前を通る。

さらに歩くと、周山街道から右への分かれ道に「三寶寺」と彫りこまれた大きな石碑と、ヒゲ文字の御題目が書かれた真っ赤な看板が建っている。その看板の足元に、控えめに建っている小さな石標が、大阪皇陵巡拜會建立の「左 仁孝天皇皇子常寂光院御墓」碑である。そこから坂道を上っていくと三宝寺である。

11:20 金映山三寶寺着。菊亭侯爵家(清華家)および今城子爵家(堂上家)の菩提寺である。
062-03.jpg

鳴滝妙見宮(洛陽十二支妙見の「戌の妙見」)などに参拝したのち、境内左手奥の墓地入口に向かう。墓地の一番奥の方まで上っていくと、常寂光院御墓への石段下に至る。

11:41 常寂光院御墓石段下着。石段下から写真数枚撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して石段を上がる。
062-04.jpg

11:51 仁孝天皇皇子常寂光院墓参拝。つづいて、同墓に隣り合う常寂光院御生母藤原媋子墓と仁孝天皇皇子靈明院墓にも拝礼する。藤原(今城)媋子御墓と靈明院御墓は、宮内庁の治定を受けてはいない。靈明院御墓の前に建つ石標には「昭和四十二年妙満寺移転ニツキ同年六月十七日同寺ヨリ当地ニ御移葬ナシ奉ル 今城誼子」とある。一礼して退下。

元来た道を「福王子」バス停まで戻る。バスの時間までに昼食をとれそうだ。

12:20 「福王子」バス停横の「あいおい」で昼食。天ぷら定食を注文。天ぷら(海老・タラ芽・椎茸・丸十)、小鉢(紅白蕪酢漬け)、御飯、香の物(沢庵・高菜)、味噌汁(麩・若布)。

12:36 京都市バス「福王子」バス停から、10系統「三条京阪前」行きバスに乗車。同時にバスに乗ったお客が、先述の「笹ちりめん 三宝庵」の紙袋を持っている。ああそういえば、買えば良かったな。圓融天皇陵参拝の折、少し足を延ばすか。

13:18 「四条京阪前」バス停で下車。

13:23 京阪本線四条駅から、淀屋橋行き普通電車に乗車。

13:45 伏見桃山着。

14:25 明治天皇陵、次いで昭憲皇太后陵に参拝後、宮内庁書陵部桃山陵墓監区事務所にて光孝天皇陵、宇多天皇陵、醍醐天皇陵、朱雀天皇陵、村上天皇陵の御陵印を拝受。

14:55 京阪本線伏見桃山駅から、淀屋橋行き普通電車に乗車。特急に乗り換えるのはしんどいので、このまま各駅停車で帰ろう。

16:00 天満橋着。

旧皇族が語る天皇の日本史
公家事典
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寂光院寂光院 (じゃっこういん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。山号を清香山と称する。本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。 .wikilis{font-size:10
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す