FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河内(大塚陵墓参考地~津堂八幡神社~藤井寺陵墓参考地)

平成十七年九月二十六日

9:04 近鉄南大阪線あべの橋駅から、長野行き準急で出発。

9:15 河内松原で藤井寺行き普通電車に乗り換え。

9:16 恵我ノ荘着。西へ向かう。大塚陵墓参考地は東半分が羽曳野市、西半分が松原市にあたる。

9:25 大塚陵墓参考地前着。全国五番目の大きさの前方後円形の塚である。周濠の東北隅は事実上釣り場のようになっていて(立入り禁止にはなっていない)、数人の釣り人が浮きを見つめている。
031-11.jpg

周濠の東畔を後円部の方へ南下すると、濠の南端附近でルアーフィッシングをしている人がいて、70センチ位はあろうかというナマズを釣り上げるところを目撃。

9:49 大塚陵墓参考地制札附近着。後円部南東隅にあたり、柵と黒い鉄扉の内側に、石標と制札が縦一列に並ぶ。石標は正面に「大塚陵墓參考地 宮内省」、向かって左側面に「猥ニ入ルヘカラス」と読める。その先だいぶ奥の方に、瓦葺の小屋が木立の間にかすかに見える。

鉄扉前にはわたしが来る前から作業員風の二人が居たのだが、しばらくすると、ヘルメットの“宮”の字マークも鮮やかに、宮内庁職員の方がスーパーカブで到着。二人の作業員(民間業者の人だろう)とともに鉄扉内に入って行った。

この塚は後世砦に利用されたり、陵墓参考地指定までは村落があったりしたこともあって形が多少崩れており、後円部南側の濠は無くなっている。明治後期まで後円部頂上に大塚社天満宮があり、現在は高鷲の大津神社に合祀されていることは雄略天皇の項で触れた。

西側から北側へ周濠沿いを歩き、恵我ノ荘駅を目指す。周濠西北隅には、道沿いに鉄扉・石柵・石標が揃っている箇所があり、その内側は塚丘に向けて細く地続きになっている。石標正面と側面の銘は上記制札前にあったものと同じで、裏には「昭和七年十月」とある。

10:26 恵我ノ荘駅から、藤井寺行き普通電車に乗車。

10:30 藤井寺着。北口のバスターミナルに出る。

10:42 近鉄バス70系統「近鉄八尾駅前」行きで出発。

10:47 四つめのバス停「小山」で下車。降りた目の前が前方後円形の塚、津堂城山である。バス道沿いの旧周濠部は、花菖蒲園やコスモス園に整備されている。後円部頂上の一部のみが藤井寺陵墓参考地になっていて、その前に津堂八幡神社がある。(下写真、藤井寺陵墓参考地。左端が津堂八幡神社、右手が前方部方向)
031-12.jpg

10:58 津堂八幡神社参拝。神社で拝礼すると塚丘にも拝礼する格好になっているのは、いつもの通り。
031-13.jpg

11:06 藤井寺陵墓参考地制札附近着。津堂八幡神社社殿の背後に隠れるかのような立地で、知らない人には塚丘が柵で囲まれている理由がわからないだろう。石の門柱の内側に制札と石標が並んでいるが、その場所へは神社境内から社殿の裏を通らないと行けないようになっていて、そして境内から社殿の裏へは柵によって立ち入りが禁じられている。少し離れた所から拝見する。

石標は正面が「藤井寺陵墓參考地 宮内省」、向かって左側面は「猥ニ立入ル亊ヲ禁ス」だろうか。

制札は最近新調したようである。現地では気付かず、あとで画像をチェックしていて分かったことだが、「一、みだりに域内に立ち入らぬこと」の「内」が「内」になっている。関係者の方、もし御覧になっていたら善処されるようお願いします。(下のサムネイルをクリックすると大きな写真を別ウィンドウで開きます)
031-14.jpg

11:34 「小山」バス停から「藤井寺駅前」行き近鉄バス乗車。

11:43 「藤井寺駅前」着。

11:57 藤井寺駅から、長野行き準急に乗車。

12:00 土師ノ里着。

12:20 応神天皇陵参拝後、古市陵墓監区事務所にて敏達天皇陵・用明天皇陵の御陵印を拝受。

12:50 土師ノ里駅から、あべの橋行き準急に乗車。

13:12 あべの橋着。

宮内庁書陵部陵墓地形図集成
宮内庁書陵部所蔵 古鏡集成
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。