FC2ブログ

文天皇田邑陵

平成十八年十月二十八日(つづき)

10:11 京阪本線藤森駅から、出町柳行き普通電車に乗車。

10:19 東福寺着。隣接するJR奈良線東福寺駅に移動。

10:24 JR奈良線東福寺駅から、京都行きみやこ路快速に乗車。

10:27 京都着。広い京都駅の南東隅の奈良線ホームから、北西隅の嵯峨野線(山陰本線)ホームに移動。

10:38 JR嵯峨野線(山陰本線)園部行き普通電車に乗車。満員である。乗客の多くは嵯峨嵐山へ向かうのだろう。

10:52 太秦着。駅のすぐ南側に仲野親王御墓がある。

11:01 高畠墓前着。参道入口を完全に塞ぐ形で乗用車がとまっている。参道前のわずかな土地を勝手に駐車場がわりにしているようだ。古都の人心も荒廃している。
055-01.jpg

敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参道の生垣の切れ目から参進する。
055-02.jpg

11:05 桓武天皇皇子仲野親王高畠墓参拝。一礼して退く。

高畠墓のすぐ南に京福帷子ノ辻駅がある。駅の改札では、何やらヒステリックに叫ぶ若い女が駅員に詰め寄っている。レトロなミニ電鉄に似つかわしくない光景である。

11:16 京福北野線帷子ノ辻駅から北野白梅町行き普通電車に乗車。

11:19 鳴滝着。駅東側の通りに出ると、細い参道の奥に住宅や駐車場に囲まれた子内親王御墓が見える。

11:21 子内親王御墓前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
055-03.jpg

11:26 鳥羽天皇皇女子内親王墓参拝。一礼して退く。

鳴滝駅に戻り、駅内の踏切を渡って駅西側の道に出、高級住宅の立ち並ぶ通りを西へ進む。

11:35 文徳天皇陵参道前着。敷地外から写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
055-04.jpg

石段を上がってまっすぐ進むと突き当たりに制札があり、そこから右方向に拝所正面への参道が続く。正面への道の両側は低い窪地となっており、そのうち左側の窪地は池になっている。その名も門徳池。右側も本来は小さな池なのだろうが、今見る限りでは草深い窪地でしかない。本来は御陵の西から南前面までL字形に半周していた一つの池を、参道造成のために断ち切ったもののようである。

入口にあった「参拝者以外立入禁止」という看板は何の故だろうと怪しんだが、参道ど真ん中に大きな犬の糞。周辺は閑静な住宅街ではあるが、「民度」という言葉を想起せざるを得ない。

11:45 文天皇田邑陵参拝。一礼して退く。

鳴滝駅とは文徳天皇陵を挟んで反対(西)側にある「山越東町」バス停に向かう途上、門徳池の脇を通り抜ける道を見つけたので、途中まで行って門徳池の写真を撮影する。
055-05.jpg

12:11 京都市バス「山越東町」バス停から、11系統「三条京阪」行きバスに乗車。乗ってからわかったことだが、このバスはまず進路を西にとって嵯峨嵐山方面をまわってから、進路を東に変えて三条京阪方面に向かうという系統。三条京阪まで一時間以上かかる。

嵯峨嵐山あたりでは、二週間前にレンタサイクルで走り回った嵯峨小学校前、光厳天皇髪塔横、京福嵐山駅前、渡月橋北詰交差点などを通る。

13:23 「三条京阪」バス停で下車。

13:31 京阪本線三条駅から、淀屋橋行き特急に乗車。

14:18 天満橋着。

怨霊になった天皇
平安の春
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す