FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷された制札

宮内庁が管理する皇室の御陵墓には、陵墓号や被葬者御名、そして「みだりに域内に立ち入らぬこと」「魚鳥等を取らぬこと」「竹木等を切らぬこと」という三禁が記された木製の制札が建てられている。

制札の文言は、従来毛筆による手書きで記されているものだが、数年前から、文字が印刷された制札を一部で見かけるようになった。

印刷された制札は、お手軽で便利であり、耐久性にも優れているのではあろうが、安っぽくて味気ない、いかにも代替品臭いモノである。

皇室御陵墓の「表看板」に代替品は相応しくない。

今後は制札の更新時に印刷物を採用するべきではないし、既に印刷物に変わってしまっているところも、次期更新時には必ず毛筆手書きに復するべきである。

現在印刷された制札が設置されているのは、宮内庁書陵部のうち、月輪陵墓監区に属する皇族陵墓・天皇火葬塚・陵墓参考地の一部であるようだ。

また、印刷された制札を設置するにあたっては、滋賀県の息長陵や磐坂市邊押磐皇子墓や安曇陵墓参考地、鳥取県の宇倍野陵墓参考地、島根県の岩坂陵墓参考地といった遠隔地や、園城寺近くの山中に所在する永悟親王墓、泉涌寺雲龍院の奥に所在する後光嚴天皇分骨所以下二分骨所一灰塚五墓といった、比較的参拝困難で人目に付きにくい場所が選ばれているのではないかという疑念を抱く。反発の声の起こりづらいところから始めて既成事実を積み重ねる…という心算なら姑息なことこのうえない。

宮内庁書陵部には、真摯にして賢明なる陵墓守護を実施されるよう切に願う。

有職故実
日本人なら知っておきたい「日本神話」

明治天皇伏見桃山陵

平成二十六年五月二日(つづき)

12:49 京阪本線三条駅から、中之島行き普通電車に乗車。

13:12 伏見桃山着。

13:42 明治天皇陵参道前着。服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-02-03.jpg

13:50 明治天皇伏見桃山陵参拝。一礼して退下。

13:52 明治天皇皇后昭憲皇太后伏見桃山東陵参拝。一礼して退下。

13:56 宮内庁書陵部桃山陵墓監区事務所にて後嵯峨天皇陵竝亀山天皇陵・後宇多天皇陵・長慶天皇陵・後亀山天皇陵・深草北陵・明治天皇陵の御陵印を拝受。また可愛山陵・高屋山上陵・吾平山上陵の御陵印を予め拝受。

14:22 京阪本線伏見桃山駅から、淀屋橋行き準急に乗車。

14:24 中書島着。14:31、淀屋橋行き特急に乗り換え。

15:04 京橋着。

よくわかる 日本の神社
旧皇族が語る天皇の日本史

花園天皇十樂院上陵

平成二十六年五月二日(つづき)

11:39 京都市バス「京大農学部前」バス停から、203系統「祇園・四条河原町」行きバスに乗車。

12:01 「知恩院前」バス停で下車。

12:07 花園天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-02-02.jpg

12:17 花園天皇十樂院上陵参拝。一礼して退下。

つづいて明治天皇陵に向かう。

旧皇族が語る天皇の日本史
歴代天皇・年号事典

後二條天皇北白河陵

平成二十六年五月二日

9:53 京阪本線天満橋駅から、出町柳行き特急で出発。

10:46 出町柳着。

11:20 後二條天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。

11:22 後二條天皇北白河陵参拝。
h26-05-02-01.jpg

11:23 後二條天皇皇子邦良親王墓参拝。一礼して退下。

つづいて花園天皇陵に向かう。

日本歴史旅行地図帳
南朝全史-大覚寺統から後南朝まで

深草北陵(深草十二帝陵)

平成二十六年五月一日(つづき)

13:49 「阪急レンタサイクル嵐山」で自転車を返却。

13:58 阪急嵐山線嵐山駅から、桂行き普通電車に乗車。

14:06 桂着。14:07、阪急京都本線河原町行き準急に乗り換え。

14:20 河原町着。京阪祇園四条駅に移動。

14:30 京阪本線祇園四条駅から、中之島行き普通電車に乗車。

14:43 藤森着。

15:00 深草北陵(深草十二帝陵)前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-01-08.jpg

15:08 後深草天皇深草北陵竝伏見天皇深草北陵竝後伏見天皇深草北陵竝後小松天皇深草北陵竝稱光天皇深草北陵竝後土御門天皇深草北陵竝後柏原天皇深草北陵竝後奈良天皇深草北陵竝正親町天皇深草北陵竝後陽成天皇深草北陵竝後伏見天皇皇孫後光嚴天皇深草北陵竝後伏見天皇皇曾孫後圓融天皇深草北陵竝後伏見天皇皇曾孫榮仁親王墓参拝。一礼して退下。

15:26 京阪本線藤森駅から、中之島行き普通電車に乗車。丹波橋で長時間停車する。「飛来物撤去のため」だという。

16:51 天満橋着。

怨霊になった天皇
日本歴史旅行地図帳

後龜山天皇嵯峨小倉陵

平成二十六年五月一日(つづき)

13:19 清涼寺前を通過。

13:28 後亀山天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-01-07.jpg

13:35 後龜山天皇嵯峨小倉陵参拝。一礼して退下。

つづいて深草十二帝陵に向かう。

南朝全史-大覚寺統から後南朝まで
宮内庁書陵部陵墓地形図集成

長慶天皇嵯峨東陵

平成二十六年五月一日(つづき)

12:58 長慶天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-01-06.jpg

13:02 長慶天皇嵯峨東陵参拝。

13:03 長慶天皇皇子承朝王墓参拝。一礼して退下。

つづいて後亀山天皇陵に向かう。

あやめ艸日記―御寺御所大聖寺門跡花山院慈薫尼公
南朝全史-大覚寺統から後南朝まで

後宇多天皇蓮華峯寺陵

平成二十六年五月一日(つづき)

12:15 大覚寺近くを通過。12:20、大覚寺宮墓地近くを通過。

12:27 後宇多天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-01-05.jpg

12:33 後宇多天皇蓮華峯寺陵竝龜山天皇皇后佶子蓮華峯寺陵竝龜山天皇分骨所竝後二條天皇分骨所竝後宇多天皇皇后姈子内親王分骨所参拝。一礼して退下。

つづいて長慶天皇陵に向かう。

旧皇族が語る天皇の日本史
物語日本史

龜山天皇龜山陵

平成二十六年五月一日(つづき)

12:00 龜山天皇龜山陵参拝。一礼して退下。

つづいて後宇多天皇陵に向かう。

有職故実
公家事典

後嵯峨天皇嵯峨南陵

平成二十六年五月一日(つづき)

11:03 京阪本線東福寺駅から、出町柳行き普通電車に乗車。

11:08 祇園四条着。阪急河原町駅に移動。

11:14 阪急京都本線河原町駅から、梅田行き準急に乗車。

11:25 桂着。11:30、阪急嵐山線嵐山行き普通電車に乗り換え。

11:38 嵐山着。

11:45 「阪急レンタサイクル嵐山」で自転車を借りる。

11:57 天龍寺着。

11:58 後嵯峨天皇陵・亀山天皇陵前着。写真撮影後、カメラを片付け、服装を整え、一礼して参進する。
h26-05-01-04.jpg

11:59 後嵯峨天皇嵯峨南陵参拝。

歴代天皇・年号事典
南朝全史-大覚寺統から後南朝まで
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

松倉大貳

  • Author:松倉大貳
  • 歴代天皇陵や皇族陵墓参拝の記録
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
参考図書
さらに探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。